看護師のやりがい

看護師の仕事の「やりがい」について考えてみたいと思います。
やはり、やる気のある看護師であれば救急外来や外科でバリバリと働くことにやりがいを感じそうに思えます。
身につけた高い看護技術を駆使してテキパキと患者さんの手当てをこなしていく…
確かに映画やドラマでもそんな看護師のイメージが多く、それを目指している人も多いと思います。

もし今やっている仕事に対してあまり「やりがい」を感じられないなら、その職場が自分の適性には合っていないのかもしれません。
本当はゆっくりと患者さんに向き合う方が合っているのに、
何となくイメージで外科や手術室がいいと思って仕事をしていたりすることはないでしょうか?
自分に向いていない職場で仕事を続けていても徒労と違和感だけで充実や満足感は得られません。

もちろん、大きな病院では自分の希望しない科に配属されることもありますし、
本来合っていなくてもそこで仕事をしていくうちに面白さが分かってくるということもあるとは思います。
さらに、自分の年代やライフスタイルによっても仕事に対する考え方は変わってきます。
若いころはどんどん勉強してバリバリ働くことに充実感を感じていたのに、
家族ができてからはむしろ仕事は生活費を稼ぐための手段にしか思えなくなったという人もいます。
もし、今の仕事にやりがいを感じられない、充実感がないと思っているなら、
一度自分の適性や自分が何を大事にしたいと思っているのかを考え直してみることも必要かもしれません。

収入の安定化についても関係しますが、長い目でみてやりがいのある仕事や部門を選択したほうが
長く看護師として活躍できますし、収入も向上していきます。特に認定看護師といわれる資格を取得すると手当も付き
ぐっと収入が向上します。忙しく働きながらバリバリ稼ぎたい人も、ゆとりがあるけどそこそこ稼ぎたい人も
どちらも資格取得が決め手になるのではないでしょうか。特に看護業界は長く続ければ続けるほどお給料もよくなりますので
途中でやめたりせず続けていって欲しいです。
専門分野を極め、資格を取得しながら前向きに努力したほうが絶対に自分のためだと思います。

お金の賢い貯め方についてはこちらを参考に・・・<http://okanenotamekata.net

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です